放射能デトックスのためには食べ物が重要

放射能デトックスにはわかめ・味噌・玄米

福島原発事故による放射線(放射能)はいまでも高い水準で、東日本の人は高濃度放射線を体に蓄積していると言われます。放射能デトックスの方法は色々言われていますが、その中でも第二次大戦の後からデトックス効果があると言われてきたのが「わかめと味噌汁」です。何故わかめと味噌汁で放射能デトックスができるといえるのか、簡単にご説明します。
これはNPO法人日本綜合医学会理事の井上明氏が、「原爆(放射能)に勝った玄米と味噌汁」にもまとめていることです。
1945年8月9日、長崎に原爆が落とされて多くの人が死に、市内には放射性物質を大量に含む死の灰が降り、放射能を受けて多くの人々が原爆症になって苦しんでいました。その頃の長崎では、原爆の放射能を浴びたのに、原爆症を発祥しない人々がいたといわれています。聖フランシスコ病院に勤めていた秋月辰一郎医師らです。秋月医師は病院に集まっていた、周囲の医師や近隣住人や患者に、わかめの味噌汁を食べ、砂糖は取らないことを推奨していたとのことです。当時聖フランシスコ病院は味噌、醤油、玄米などが保管されている倉庫にもなっていて、秋月医師らはわかめの味噌汁と玄米を食べていたことで、原爆症を発症しなかったというのです。
井上氏は玄米、わかめなど海藻、味噌といった食べ物を摂取してこそ、放射能から身を守ることができると言われています。
こうしたことから、玄米、わかめなど海藻、味噌に含まれる成分が、放射能を防いでデトックスするのに最適だと考えることが出来ます。
玄米もわかめも味噌も、日本ではスーパーで簡単に手に入りますし、これらは日本人が食べ慣れている食べ物です。いずれも近年に健康食であると言われるものばかりですし、積極的に食べて放射能デトックスしてみてはどうでしょう。

 

 

参考サイト:放射能のデトックス方法

 

 

 

 

 

更新履歴