放射能はデトックスしないと地獄のような人生が待っている!

放射能はデトックスしないと地獄のような人生が待っています。

 

放射能の影響は遅れてやってくることを多くの人は知りません。2011年3月に原発が爆発し大量の放射能が漏れました。それらは福島県近隣はもちろん関東全域まで飛び散っています。

 

その際に無防備だった方はもちろん現在も放射能は漏れていて放射性物質を吸い込む機会は非常に多いです。

 

放射能対策として吸い込まないことはもちろんデトックスをしていない場合、あと数年後には原因不明の体調不良に悩まされることになります。そして放射能の人体への影響はまだ解明されていませんので、もはや人体実験をされているようなものです。

 

間違いなく放射能を原因とした疾患が今後急増するでしょう。そうなる前にきちんと対策をしておきましょう。デトックスは可能なので症状が出ていなければまだ間に合います。

 

放射能デトックスの基本

放射能対策としては、放射能汚染されている食品などを採らないことはもちろんですが、これまで対策をしてこなかった人はもちろんしてきた方も完全に放射能を取り込まないということは不可能です。

 

そのため、デトックスが大切となります。そして放射能はデトックスできます。

 

デトックスには、
@身体の排出機能で出す
Aデトックス効果のある食品の摂取で排出
があります。

 

まず、@身体の排出機能で出すですが、低温サウナなどに入りそこで出す汗が効果的です。あまり高温なものより岩盤浴のようなじっくり系がいいでしょう。もちろんランニングなどの体を動かすこともおすすめです。

 

Aデトックス効果のある食品の摂取で排出
デトックス効果のある食品がいくつかあります。そしてそれは古くから日本にあるようなものです。

 

玄米、梅干し、みそ汁などの質素な生活は健康にも本当に良かったということです。それ以外では、リンゴペクチンなども効果が高く、リンゴを毎日食べることもおすすめです。

 

過去の原爆では下記のようなこともありました。

第二次大戦の後からデトックス効果があると言われてきたのが「わかめと味噌汁」です。何故わかめと味噌汁で放射能デトックスができるといえるのか、簡単にご説明します。

 

これはNPO法人日本綜合医学会理事の井上明氏が、「原爆(放射能)に勝った玄米と味噌汁」にもまとめていることです。

 

1945年8月9日、長崎に原爆が落とされて多くの人が死に、市内には放射性物質を大量に含む死の灰が降り、放射能を受けて多くの人々が原爆症になって苦しんでいました。その頃の長崎では、原爆の放射能を浴びたのに、原爆症を発祥しない人々がいたといわれています。聖フランシスコ病院に勤めていた秋月辰一郎医師らです。秋月医師は病院に集まっていた、周囲の医師や近隣住人や患者に、わかめの味噌汁を食べ、砂糖は取らないことを推奨していたとのことです。当時聖フランシスコ病院は味噌、醤油、玄米などが保管されている倉庫にもなっていて、秋月医師らはわかめの味噌汁と玄米を食べていたことで、原爆症を発症しなかったというのです。

 

井上氏は玄米、わかめなど海藻、味噌といった食べ物を摂取してこそ、放射能から身を守ることができると言われています。

 

こうしたことから、玄米、わかめなど海藻、味噌に含まれる成分が、放射能を防いでデトックスするのに最適だと考えることが出来ます。
玄米もわかめも味噌も、日本ではスーパーで簡単に手に入りますし、これらは日本人が食べ慣れている食べ物です。いずれも近年に健康食であると言われるものばかりですし、積極的に食べて放射能デトックスしてみてはどうでしょう。

 

参考サイト:放射能のデトックス方法

 

今後どうするか?

多くの人が放射能の影響を考えていない状況では、日本はヤバイ状況になるかもしれません。小さい会社では仕事場が崩壊してしまう可能性もあります。働き方が大きく変わる可能性もあります。

 

そんなときあなたは生き残っていけるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴